2018年2月21日水曜日

安行植木の重要文化的景観について

 およそ日本人ぐらい庭にこだわりを持つ人々はいないでしょう。古来から神社仏閣、有力者の屋敷には贅を尽くした庭が造られ、平安時代には独自の庭園様式が整えらえていきました。江戸時代になると尚一層拍車がかかり、江戸に集まってきた大名を中心に池や築山を中心に回遊できる大名庭園を競って作っていました。そのころには庶民も軒先にアサガオを這わせたり、菊を植えたり、盆栽を飾ったりして、熱狂的な園芸ブームが到来し、江戸は巨大なガーデニングのテーマパークと化してしまうのです。
歌川芳玉画
「見立松竹梅の内 うゑ木売の梅」*江戸東京博物館HPより

 現在でも私たちは敷地にわずかなスペースアがあれば、花を飾り木を植えようとします。また、どうやったら美しい景観を作り出し、四季折々に楽しめる庭が造れるかに熱中します。こういうのはご先祖から代々引き継がれたDNAなのだと感じます。
 そんな日本の園芸・庭園文化を支えてきたのが安行植木。江戸時代の吉田権之丞 から始まって360年の川口の伝統産業です。川口市はこの安行植木を文化庁選定の「重要文化的景観」の指定を目指し作業を進めています。
 植木畑
植木屋の庭

 重要文化的景観の定義は「地域における人々の生活又は生業及び当該地域の風土により形成された景観地で我が国民の生活又は生業の理解のため欠くことのできないもの」としております。まさに安行植木にぴったり当てはまるものだと思います。また、文化的景観の保存活用のために行われるさまざまな事業,たとえば調査事業や保存計画策定事業,整備事業,普及・啓発事業に対しては,国からその経費の補助が行われます。
 安行植木が100年の後も残っているかは、個々の業者の努力もありますが、こうした制度を活用することも必要だと思います。安行植木が継続していくということは、我が国固有の園芸文化を守っていくという意味もあるので川口市民として応援していきたいですね。

文化庁「文化的景観について」
http://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkazai/shokai/keikan/
 


お知らせーシンポジウム「庭ー創造する思想」

当会メンバーよりお知らせです。
 
 シンポジウム「庭ー創造する思想」
 
平成30年3月11日(日) 13:30~16:30(開場13:00)

会場 埼玉県立近代美術館2F講堂
定員 100名(無料、申し込み不要、当日先着順)
主催 日本庭園協会埼玉支部、SMF、埼玉県立近代美術館
お問い合わせ先 090-3092-4950(日本庭園協会埼玉支部)
048-824-0110(埼玉県立近代美術館)

内容
 「本シンポジウムでは、様々な素材や技を駆使して「場」の生成に取り組んでいる専門家の方々をお招きし、個々の活動についてお話していただくとともに、「庭」という場の捉え方や、空間に対する眼差しの違いをあぶりだしていきたいと思います。そして最終的には、会場の聴衆を交えた討論を展開し、「庭」が内包する創造性と思想の一端が明らかになることを期待しています。多くの皆様のご来場をお待ちしております。」

基調講演「作庭観」13:30~14:00
河西 力(作庭家)

パネリストによるプレゼンテーション14:00~14:45
高橋良仁(作庭家・日本庭園協会埼玉支部)
絹谷幸太(彫刻家)
佐野哲史(建築家・Euireka共同主宰)

ディスカッション14:00~16:30

AGC新井宿駅と地域まちづくり協議会には多くの植木屋・造園業の人がおり、この情報は日本庭園協会に所属するメンバーから寄せられたものです。興味のある方は是非行ってみてください。
  



2018年2月18日日曜日

丸山陣屋の散策路づくりー伊奈町

 2月18日、伊奈町丸山にある丸山陣屋に散策路づくりに行ってきました。これは同町の「忠次プロジェクト推進協議会」主催のイベントで、 この協議会は町名の由来となった伊奈備前守忠次公を観光資源として活かしたまちづくりを推進しています。場所は大宮からニューシャトルで8駅の丸山駅から徒歩10分。代官伊奈氏の祖、伊奈忠次が陣屋を構えた丸山にある頭殿権現社。
 集合は10時。すでに多くの人が集まっていました。200人以上参加とのこと。参加費は500円。
 大島清町長が開会のあいさつ。町長はじめ町議会議員、伊奈町選出の国会議員など総出で参加していました。まさに町を挙げてのイベント。
 2班に分かれて散策路の整備に掛かります。手に手に熊手やスコップを持ち、ウッドチップをならしていきます。
 ウッドチップは竹を砕いたもの。陣屋内には竹林がたくさんあるので、それを伐採したものでしょうか。踏むとフカフカして気持ちいい。
 参加者が多かったので、整備はすぐに終わってしまいました。その後スタンプラリーのようなクイズをしながら陣屋内を散策しました。
 整備済みの散策路を歩く。伐採した雑木を両側に配し、ウッドチップを敷き詰めた散策路は今後も整備していくとの事で、総延長は4~5㎞にも及ぶという計画です。壮大な計画です。
 木漏れ日の中を歩く。夏は涼しそう。あちこちに土塁の後がありました。丸山陣屋は東西約350m、南北750mの伊奈氏の居館跡です。1590年に徳川家康が関東に移封されてから伊奈忠次に小室・鴻巣に1万石を賜り、ここに陣屋を構えました。ここはちょうど関東平野の中心に辺り、代官頭伊奈忠次の関東の開発の中心拠点となった場所です。
 終了後お弁当と豚汁、焼き芋などをいただきました。
丸山陣屋内はほとんど農地で、植木農家も多いです。なんとなく赤山陣屋に似ています。赤山陣屋を築いた半十郎忠治も、幼いころ過ごしたここを意識して築いたのではないでしょうか?

 今回このイベントに参加した目的は、今後の赤山陣屋の整備の参考にするためです。まぁ僕が整備するわけではありませんが。
赤山陣屋の北堀に掛かる木の橋。ここに来るまでの道が未整備なのが残念。

 赤山陣屋跡の整備に関しては、いろんな人がいろんな意見を持っています。郷土博物館や御屋形の復元など、様々な提案が議会でもされています。どうなっていくかはわかりませんが、赤山歴史自然公園とリンクしていく整備が必要なのは言うまでもありません。一度市民に意見を募集するなり、関係者や有識者の会議をしてはどうかと思います。ただその前に手の付けられるところから始められないかなと思うのです。駐車場やトイレの整備、北堀を含めた周遊コースの整備とか。千里の道も一歩から。今回のイベントはそんなことを考えさせられました。以上。
 

2018年2月15日木曜日

そばの花―東内野

 2月6日に開店した「そばの花」に行ってきました。
そばの花は以前同じ東内野の木曽呂の富士塚の近くでやっていたそば「はすみ」が移転してきたものです。場所は木曽呂北の交差点を北上してすぐ。見つけやすいです。
落ち着いた雰囲気の店内
 1時過ぎに行きましたが、なかなかの込み具合。前の店のときの常連さんが結構来ているそうです。 
ランチの天丼セット
 そばは北海道の「摩周」「佐呂間」さんのそば粉をを使っており二八と十割のそばがあります。今回はランチなので二八で。見た目他のそば屋より太い気がします。早速頂いてみる。ズルズルっと。うん!これはコシが強い!味は本格派、何より食感がすごく良い。あっという間に食べてしまいました。おかわりが220円で出来るのでもう一枚頼もうと思いましたが、天丼が食べられなくなりそうなので自重しました。天丼もサクサクしておいしい。なかなかボリュームがあって腹いっぱいになりました。 
ランチメニュー
 
 通常メニューその1
通常メニューその2
  温かい、冷たいのといろいろ試してみたくなります。それにそばだけでなくうどんも本格手打ち。今度来たときは試してみよう。十割そばも。
 
 店主の蓮見貴正さんは高校生の時に先代のもとでバイトを始めてから、この道一筋じつに30年の大ベテラン。間違いなく美味しいのでぜひ食べに来てください。
 

基本データ
営業時間 11時~21時ラストオーダー
定休日 月曜日
座席数 テーブル席20 カウンター席4
駐車場 5台
電話   048-299-7070
住所   川口市東内野366第2友和ハイツ1F

2018年1月19日金曜日

お女郎縁起考その11

過去の記事連載!お女郎縁起考(当会ホームページより)http://araijuku2011.jp/%e9%80%a3%e8%bc%89%ef%bc%81%e3%81%8a%e5%a5%b3%e9%83%8e%e7%b8%81%e8%b5%b7%e8%80%83/

お女郎の旅路ーまとめ

 お女郎が旅の起点として板橋宿にいたとすれば、故郷の越後に向かうには当然中仙道を進みますが、その日が伝説の通り「暴風雨」だったとしたらどうなるでしょうか?すぐ前には荒川があります。そこには橋が架かっておらず、渡し船で渡らなくてはならないのです。江戸幕府は江戸の防衛上江戸を囲む大河には架橋しませんでした。荒川や利根川、東海道に至ってはいくつも川がありながら、もっぱら渡し船か川渡し人足に渡してもらったのです。しかし、この川越しは大雨が降って川が増水すると渡船を中止します。これを川止めといって、旅人は川止めが解除されるまで何日も足止めされるのでした。
木曽街道(中仙道)蕨の駅 戸田川渡し場
 もし戸田の渡しが暴風雨で川止めされていたら普通は嵐が過ぎるまで待つのですが、お女郎たちが何らかの理由で旅を急いでいたとすれば、川を渡る手段はただ一つ。東に大きく迂回して「千住大橋」を渡るしかないのです。千住大橋は文禄3年(1594)に荒川下流に当たる隅田川に最初に掛けられた橋ですが(当初は防衛上唯一の橋だったが明暦の大火後は防災上の理由から次々に架橋された)、この橋は日光街道(奥州街道)、水戸街道、佐倉街道に通じています。「板橋より日光街道に入り」というのは暴風雨で渡し船が出ず、やむなく千住大橋を通って日光街道に入ったと考えたのではないでしょうか?そこから鳩ケ谷宿を通過して石神という経路を推理したと思います。このように一見無茶苦茶なルートも渡船ができなかったと考えれば、一気に現実味が増すのです。
名所江戸百景 千住の大橋
 
 
 鳩ケ谷宿を通過したかどうかは置くとして、私も今まで述べてきたことからして、お女郎が江戸の人で千住大橋を渡ってきたと思っています。問題はどこに行こうとしたか?100年前の人々は越後にこだわっていますが、お女郎が上記のルートを辿ったとするならば越後などの遠方ではないと言わざるを得ません。理由は女手形にあります。
 幕府は諸大名の謀反を防ぐために関所の重要な役目として、「入り鉄炮出女」といって、関東に鉄砲は持ち込ませず、また、幕府の人質として江戸に滞在している大名たちの妻女が関所の外に出ることを厳しく取り締まりました。女手形とは女性が箱根や碓井・栗橋などの関所を通過する際、幕府や大名の留守居役が発行する手形のことを言います。これには旅の目的や行き先、通る女性の人相、素性など書き込まれてあり、関所において入念にチェックされました。例え庶民の女性といえどもこれがないと関所を通過できないのです。
 
関所の女改め(箱根関所公式ホームページより)
 
 この女手形を取るには江戸町人の女性の場合、まず町名主に証明書を書いてもらい、それを町奉行に提出し許可を得る。さらにそれを幕府留守居役に提出して許可を得てようやく女手形が下りるのです。ですから江戸の女性が関所を越える長途の旅に出ようすれば入念に準備・計画しているはずで、突然旅に出るなどありえないのです。旅につきまとう川止めなどは当然織り込み済みであって、5里も6里も迂回するなど時間と体力の無駄をするはずがないのです。
女手形(箱根関所公式ホームページより)
 
  お女郎発見時に身元につながる所持品がなかったので、同行者が持ち去ったと考えられますが、そもそも女手形は最初から持っていなかったのではないでしょうか?つまり、女手形の必要のない関所の内側、江戸近郊のどこかを目指していたのではないでしょうか?もっと言えば1日で十分到達する距離の土地に向かっていたのではないでしょうか?それならば川止めから千住大橋―西へ向かうとい迂回ルートもつじつまが合うのです。
 
  「お女郎は江戸からそれほど離れていない土地を目指して旅に出た。しかし暴風雨で荒川を渡ることができなかった。何らかの事情により旅を急いでいた彼女は、唯一の橋である千住大橋を渡って大きく迂回する道を進む。しかしまた赤山に来たところで赤山陣屋の門に閉ざされ、やむなく迂回していたところで日没。進退窮まり、冷たい暴風雨にさらされて凍えて倒れてしまった。同行者は道案内役としての自分の失態を隠ぺいするために、夜が明けるとまだ息のあるお女郎を土手山に隠して所持品を持ち去って何処へ逐電(行方をくらます)した。」
 今までの推理を整理するとこうなります。お女郎の旅。それは本当のところどうだったかは定かではありません。これまで発見時の状況から死因、死因からその旅の経路を推理してきました。可能性として当たらずとも遠からずといったところでしょうか?しかしどう推理したとしても証拠はありません。ですからそろそろこの項を終えたいと思います。
 
    このお女郎縁起考のテーマはこのお女郎が何処のどんな人で、どんな生涯を送ったのか?ということなので、そろそろそこに入っていきたいと思います。
 
   じつを言うとお女郎につながるかもしれないある伝説があります。そしてお女郎とはその伝説に出てくる人ではないか?
 
   ということを前提に逆説的に推理してきたのが今まで述べてきた「お女郎の旅路」なのです。年の頃、美人であること、暴風雨の中を旅してきたこと、道不案内だったこと、目指していた場所。そして置き去りにされてしまったことなど。すべてはその伝説に出てくるその人を前提で推理してきたのです。次回からその伝説を明らかにしていきます。
次号に続く。
 
 
 


2018年1月15日月曜日

新井宿まちづくりたより新年号2018

新井宿まちづくりたよりの新年号が発刊しました。
たよりは当会掲示板に貼りだすとともに、新井宿駅構内の当会掲示板には現物を配布しています。

 
 
 
 詳しくは上記画像を見てもらうか、現物を手に取っていただければと思いますが、鈴木会長の巻頭言だけここに掲載させていただきます。
 
 
神根地区、安行地区、鳩ヶ谷地区の歴史、文化財を中心に日本遺産認定を!
 
 新年あけましておめでとうございます。会員および地域の皆様には日頃より当会のまちづくり活動にご理解ご協力を賜り感謝申し上げます。昨年の新井宿フェスタは天候に恵まれず中止とさせていただきました、本年は開催出来るよう心がけて参りたいと考えております。本年も住みよい街、誇れる町、そして活気ある街を目指して一層努力してまいる所存です。
さて、本年は地域にとって大きな出来事がいくつも控える重要な年になります。4月に開園する赤山歴史自然公園「イイナパーク川口」と火葬施設「めぐりの森」。新井宿駅ロータリーの移転とそれに伴う商業施設の建設、秋には第3回日光御成道まつりと。目に見えて町が変わっていく様を実感できるかと思います。

 ところでわが国にはユネスコの世界遺産が21か所あることはご存知かと思いますが、文化庁が2015年の創設した「日本遺産」を知っている人は少ないと思います。昨年12月の定例市議会において当協議会の会員でもあります杉本市議より一般質問で農業関連施設の連携と今後について、農業振興について、そして赤山伊奈家、赤山花卉、安行植木、および鳩ヶ谷一帯地域の日本遺産化認定への試みについて取り上げて頂きました。この日本遺産と言うのは、有形・無形の文化財により、地域の歴史や文化の特色をわかりやすく表現した「ストーリー」を認定し、海外への魅力発信や地域活性化を図るのが目的で創設されました。市側の答弁では、条件として国指定の文化財が含まれる事とし、安行植木の重要文化財的景観の選定を目指し、この地域に広がる文化財群を総合し、日本遺産認定としての検討を進めるというものでありました。これらをいかに繋ぎ合わせ、整備し、どんなストーリーを作っていくか?「日本遺産」にかかわらず地域が取り組むべき大きなテーマだと感じております。
いずれにしましても街はみんなでつくるもの。地域の皆様ともに、私たち一人一人がその主体となって活動に取り組んでまいります。本年もどうぞよろしくお願い致します。
 
2018年正月
AGC新井宿駅と地域まちづくり協議会 会長 鈴木常久
 
*日本遺産ポータルサイト
 
 

2018年1月11日木曜日

DIY&インテリアショップ 「ToiToiToi」トイトイトイ  赤山にOPEN!

DIYに関することいろいろ☆
身近で便利でおしゃれ!な新井宿のDIY専門店
「ToiToiToi」さんをご紹介します。

DIYに興味あるけれどわからないことが多い!
というお悩みも解決しそうですね。

新井宿駅から徒歩12分です。

ひろびろ明るい店内。

店内はDIY感満載ですよ。

今回は定期的に開催されているワークショップにおじゃましました。
「スノコとバーベキュー用の網で作る木箱作り」
身近な材料が、おしゃれな木箱に変身します。

みんなでワイワイ😄おしゃべりしながら楽しそうでした。

アドバイスしてもらえるので、はじめてでも安心です。

ワークショップでは、
工具の使い方やペンキの塗り方などなどいろいろ作り方を教えてくれます。
初心者でもチャレンジできそう!!!

キッズ向けワークショップなどもあるそうなので、
親子で参加するのも楽しそうですね。

ワークショップに参加したい!という方はホームページからお気軽にお申込ください。

下記は1月ワークショップチラシ↓です。



DIYをはじめると
ドアノブやフック、飾りなどをつけたいですよね。
お店にはセレクトされた素敵なパーツも販売しています。

壁紙

DIY道具

ドアノブ

塗料


DIY好きにはたまらない、見るだけでもワクワクしますよ。
厳選された壁紙やペンキ、工具、床材なども。

一生懸命作った自分だけのDIY。
世界にたったひとつのオリジナルができそうな予感☆



店内にはカフェスペースも。
DIY作業の合間にほっとひといきできます。

「珈琲だけでもお立ち寄りください。」とのことです。

なんと! 1月27日(土)、28日(日)はカフェ部と題して
美味しいランチ&スイーツをお楽しみいただけます♥


末永 京さん

DIYをアドバイスしてくれる末永さんです。



「ToiToiToi」では、その他
DIYレンタルスタジオ、
DIY初心者マンツーマンレッスンなども
やっています。
内装リフォーム、内装デザインのご相談も承ります。お気軽にお問合せください。


「ToiToiToi」(トイトイトイ)
川口市赤山592-2
048-234-8485




Photo&text/ミモデザイン

2018年1月5日金曜日

会員紹介 幸町まちのマルシェ「きらり~菜」

昨年12月15日にオープンしたまちのマルシェ「きらり~菜」さんを紹介します。
 場所は川口銀座商店街とふじのいち商店街を隔てる市役所通り沿いにあります。看板には「日本野菜ソムリエ協会認定 青果取扱店」と書いております。野菜ソムリエとは如何に?
開店早々地元のお客さんが次々に飛び込んできます。普通の八百屋とは違う作りに興味津々 。
 早速ですが店長の村田達雄さんにお話を聞いてみました。村田さんは先ほどの野菜ソムリエ協会の「野菜ソムリエプロ」の資格を持っており、仕事以外にも精力的に協会の活動をしています。

1、どんなお店でしょうか?普通の八百屋との違いは?
 「まちのマルシェ」「地元農家さんの応援隊」をコンセプトに掲げているお店です。お届けしている商品は、「野菜」「果物」「加工品」「健康食品」です。

「野菜」:地産地消、旬を基本テーマとしています。
地元の川口市、さいたま市を中心とした、埼玉県内生産者からの直接仕入品を主力商品とし、鮮度が高く、美味しい野菜を取り揃えています。
地元の提携農家の人の写真が掲げられています。安心感がありますね。
 
「果物」:埼玉県産を含め、旬・産地にこだわり、美味しいものを取り揃えています。
特に人気らしく売り切れが目立ちました。

「加工品」:埼玉県内メーカーを含め、食卓を彩る、楽しくてうれしい逸品を揃えています。
 
「健康食品」:安心・安全な素材による商品を厳選しています。
 
安心・安全なこだわりの商品をご提供することにより、人々の健康・美の維持増進に寄与し、笑顔溢れる豊かな社会の創造に貢献していきたいと考えております。
確かにスーパーではあまり見かけない加工食品が並んでいます。
 
2、野菜ソムリエとは何ですか?
  野菜ソムリエとは、一般社団法人日本野菜ソムリエ協会が認定する民間資格です。野菜ソムリエの使命は、生産者と生活者の架け橋となること。野菜・果物の魅力や大切さ、楽しみ方などを、多くの方々に知っていただく発信活動に、日々取り組んでおります。
野菜一品一品に生産者の顔写真と紹介が付いている
 
3、目指していることは?
 地元の皆様に、キラキラ輝く多くの地元野菜を食べていただき、そして、料理を引き立てる加工品などもお届けし、キラキラ輝く食卓のお役に立ちたいと考えています。
 また、皆様の健康・美の維持増進に貢献できる食品をご提供させていただき、皆様のキラキラ輝く人生のパートナーになるべく、精進して参ります。
 
店長に進められ購入した野菜。 
家に帰ってハンバーグの付け合わせにしました。どれも驚くほどおいしかったです。トマトとブロッコリー甘い!おすすめの味噌マヨがぴったり。シイタケがまたプリプリ!味濃厚!どれも絶品でした。さすが野菜ソムリエ。実力が証明されました。 
 
4、おすすめの逸品は?
 もちろん、地元のキラキラ輝く鮮度の高い野菜です。また、調味料、ドレッシング、マヨネーズなど、野菜の魅力を引き立てる逸品を多く取り揃えています。一般のスーパーさんには無いものばかりなので、皆様に楽しんでいただくことができる、自信のおすすめ品ばかりです。
なんと試食コーナーまであります。
5、お知らせしたいこと
百聞は一見に如かず。
是非ご来店下さい。
 店長の村田さん。忙しい時に伺いすみませんでした。また買いに行きます。

基本データ
まちのマルシェ きらり~菜
〒332‐0016
川口市幸町2‐5‐5 一二三ビル
Tel: (048) 299‐ 4414

【営業日のご案内】
  営業時間 11:00~18:00
 定休日 毎週火曜、第一水曜
ホームページ↓
https://www.kirary-na.com/