2017年12月18日月曜日

鳩中3年生と中ばしのコラボどらやき『ポッポ3』



 「ひと口食べれば笑顔になれる特別の甘さ!」
コンセプト。

川口・鳩ヶ谷中が地元商店街と交流。
生徒考案の和菓子をつくりました。

その名も『ポッポ3』☆☆☆


鳩ヶ谷中学3年生と和菓子の「中ばし」の
コラボどらやき。

あずき、栗、かぼちゃの風味の3種類。
一個140円にて「中ばし」で販売中です。

おやつにぴったり、
3口でたべられるカワイイどらやきです。

是非一度ご賞味ください。


埼玉新聞掲載

マイシティじゃーなる掲載


Photo&text/ミモデザイン

2017年12月15日金曜日

グリーンセンター内「レストラン緑屋」クリスマス特別夜間営業のお知らせ

ブッシュドノエル
 

クリスマスはグリーンセンターへ!

日時

平成29年12月20日(水)~12月24日(日)
17:30~21:30



 クリスマス特別企画として、上記期間に夜間営業をいたします!
 普段では見ることができないグリーンセンターの夜景を眺めながらのお食事が楽しめます。
 事前のご予約を承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
 ご予約いただいたお客様には、ご来店時にお一人様につきワインor ソフトドリンク1杯無料サービス、お子様にはおもちゃをプレゼントいたします!
 なお、24日(日)は、コース料理のみのご提供となりますので、基本的にご予約制となります。

ちらし。クリックしてください
 
メニューも充実しています。
夜間コース
クリックしてください。
 
 夜間ドリンク
クリックしてください。
 
夜間フード

クリックしてください。
 



ご予約・お問い合わせ

グリーンセンター内レストラン緑屋
レストラン緑屋ホームページ
TEL 048-282-0167
http://r.goope.jp/midoriya/info/1797697



2017年12月9日土曜日

赤山歴史自然公園「イイナパーク川口」工事レポートその3

 
 明年4月に一部開園予定の赤山歴史自然公園「イイナパーク川口」の工事レポートです。
  まず、火葬施設「めぐりの森」ですが、おおよそその姿が明らかになってきました。
  湾曲屋根はほぼ完成のようですが、屋根の上に乗っかってる2階部分に植栽が施されています。イメージ図によると、屋根の上は森が乗っかってるので、突出している2階部分も木で覆われると思います。また、屋根の下が総ガラス張りになっているのもイメージ通りのようです。手前は駐車場で、建物の前はロータリーになります。
火葬施設イメージ図
 
歴史資料館
 
  歴史資料館は一時工事が止まっていましたが、ここにきて急ピッチで進捗しています。3つの建物(映像ギャラリー・展示資料室・もう一つは不明)の外観は完成して、3つの建物を大きな庇でくっつけています。
歴史資料館図面
 
物産館
 
物産館は壁に隠されていてどうなっているのかわかりませんでした。 
 一番北西端の小桜幼稚園側の「湿性花園」。遊歩道の右側に池が彫られています。
このイメージ通りなら工事はまだまだというとことでしょう。
ここには水源涵養育成樹林という林が造られるはずですが、まだ何も植えられていません。
 
  火葬施設は見えてきましたが、公園の方はまだまだやることが多そうです。また、ハイウェイオアシスに至っては、全く手つかずで、やはり平成32年か34年ごろになるのでしょうか?僕としては赤山陣屋を築いた伊奈半十郎忠治の像がどういうのができるのか一番気になるところです。
 
以上レポートでした。
 
 
 

肥留間田んぼ 冬至キャンドルナイト

肥留間田んぼで恒例のキャンドルナイト。
日時 平成29年12月16~17日(土日)17:00~
場所 肥留間田んぼ(川口市辻863)
*小雨決行
主催 鳩ケ谷環境市民会議グリーンサークル
 

肥留間田んぼに竹灯籠や行灯に灯がともります。
幻想的なキャンドルの火
17日は模擬店もあります。お楽しみに。
会場案内図

2017年11月29日水曜日

グリーンセンター開園50周年の歩み―当会ホームページ

 今年、開園50周年を迎えたグリーンセンター。川口市民なら誰もが知っていますが、意外とその沿革は知らないと思います。そこでグリーンセンターより資料をお借りし、改めてその半世紀の歩みを振り返ってみました。
詳しくは下記画像をクリックして当会ホームページをご覧ください。

「開園50周年グリーンセンターの歩み」
http://araijuku2011.jp/%e9%96%8b%e5%9c%92%ef%bc%95%ef%bc%90%e5%91%a8%e5%b9%b4%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%81%ae%e6%ad%a9%e3%81%bf/
上の画像をクリックしてください
 
 
 開園当初の写真をお借りしましたので、今と比較してみました。ほとんど変わらないことがわかります。変わらず、飽きの来ないのがグリーンセンターの凄いところです。
昭和42年開園当時の花壇広場
今の花壇広場
 
当時の大温室
今の大温室
当時の大集会堂(シャトー赤柴)
今の大集会場
 
 大きな変更を必要としないほど、設立時の構想・設計が優れていたことがわかります。これからも市民の宝グリーンセンターを大切にしていきましょう。
 


2017年11月25日土曜日

伊奈氏のゆかりの地紀行小冊子アップ

http://araijuku2011.jp/wp-content/uploads/2016/10/伊奈氏のゆかりの地を巡るーまちづくりたより連載.pdf
画像をクリックすれば「伊奈氏のゆかりの地紀行」のPDFに飛びます。
 
 新井宿まちづくりたよりにて連載中の歴史部会のレポートをまとめてみました。伊奈氏のゆかりの地といっても関東一円に広がっていて、踏破するのは容易ではありません。また、廻ったところをすべて紹介するのはむずかしいので、一部を載せているにすぎませんが、今後とも更新を繰り返し、できるだけ紹介していきたいと思います。
また、当会ホームページ「関東郡代伊奈氏の200年小冊子」のページには国土交通省利根川上流河川事務所、荒川上流河川事務所から許可をもらった資料を公開しております。合わせてご覧ください。下記URLをクリックすればページに飛びます。
 
関東郡代伊奈氏の200年「小冊子」
 
 
 


2017年11月24日金曜日

お女郎縁起考その9



過去の記事連載!お女郎縁起考(当会ホームページより)
http://araijuku2011.jp/%e9%80%a3%e8%bc%89%ef%bc%81%e3%81%8a%e5%a5%b3%e9%83%8e%e7%b8%81%e8%b5%b7%e8%80%83/

お女郎はどこから来たか?-赤山街道
 
    お女郎が東から来たとして、当時どこからどのようなルートがあったのでしょうか?
日光御成道は東の日光街道と西の中仙道の中間にあります。東から来たとすれば日光街道―日光御成道間のいずれかの道を通ってきているはずですが、下の図のように、北から越谷宿と大門宿をつなぐ越谷道、赤山街道越谷道、草加道、赤山街道千住道の4つがあります。石神を目指すこれらのルートのうち、越谷宿と大門宿をつなぐ越谷道と草加道は宿場間をつなぐ細道といったもので、旅人が通るような主要な道とは言い難い。しかし、越谷道と千住道は当時の武蔵国(埼玉県・東京都)東部の人たちにとってはとても重要な道でした。この2つの道は関東郡代伊奈氏の根拠地(赤山領)にある赤山陣屋に通じる道だったからです。


 関東郡代伊奈氏は徳川家康の三河以来の旗本で、初代の忠次が関東代官頭に任ぜらて以来ずっと他の代官とは別格の地位を継承しており、30万石に及ぶ支配地、江戸4宿(品川・新宿・板橋・千住)の支配、関東の河川行政、重要な関所の管理、江戸近郊の将軍や御三家の鷹場の管理、大奥用の物資の調達、公金貸付など、関東の民生や将軍家の御用など、じつに多様な職務に服しており、関東では知らぬ者はいない存在でした。赤山陣屋は江戸の馬喰町の郡代屋敷と各支配地の村々や宿場や関所などの所轄機関をつなぐ役割をしていて、そこにつながる道は常に役人や農民などが往来する道だったので、関東の民、とりわけ武蔵国東部の民にとっては日光街道や御成道以上に重要な道だったのです。土地不案内のお女郎たちが東から来たとすれば、この赤山街道越谷道か、赤山街道千住道しかなかったと思います。


この2つの道のどちらから来たのでしょうか? 
 その前に一つ考慮しなければならない問題があります。越谷道、千住道のいずれから来たとしても、お女郎の発見された土手山御林は北に大きくずれているのです。どうしてそんなに外れてしまったのでしょうか?それは2つの道は赤山陣屋で行き止まりになってしまいそれ以上西に進めないからです。なぜ西に進めないかというと赤山街道と赤山陣屋の構造が下図のようになっているからです。お女郎が土手山にいたということは、陣屋で行く手を阻まれ、反時計回りに広大な陣屋を迂回して来たということなのです。

赤山陣屋の構造
赤山陣屋は周りを低湿地で囲まれている上、いずこの道から来たとしても四つ門といわれる門に突き当たり、ここを通らなければならない。門には門番屋敷があって通行人をチェックしている。

                       再び登場 お女郎遭難図
*千住道は武南病院付近から西と東に分かれてそれぞれ赤山陣屋に通じる道がありますが、西を通れば赤山陣屋に進路を阻まれず御成道に抜けられることから、東を通って行ったと仮定しています。
 上図のように赤山陣屋は低湿地を外堀とした天然の要害であり、中に入る、あるいは通過するには四つの門をくぐらなければならない。越谷道、千住道のいずれの道から来たとしても門があり通行人はチェックされる。人目に触れたくないお女郎たちはそれを避けたい。あるいは嵐か日没のせいで門が閉まっていたか?しかし門を避けて西に抜けようとしても低湿地があり抜けられない。つまり赤山陣屋についた時点で行き止まり。そんな特殊な構造を知らなかったお女郎たちは、仕方なく赤山街道を外れて反時計回りに赤山陣屋を迂回して土手山御林まで行ったと思われます。しかし嵐の中で日没が迫り、地元の人間しか知らない道を行けば迷子になる可能性がある。まして千住道を南に下れば鳩ケ谷宿に通じる道(草加道)があるのに、なぜそんなリスクを冒したのでしょうか?そこにお女郎たちの行先(目的地)が関わっているように思うのです。少しでも早く目的地にたどり着くには、南から西に抜けるのではなく、北から西に抜ける方が早いと判断したのではないでしょうか?前回、お女郎は東から来た、と述べたのは、想定外(赤山街道・陣屋の特殊構造)の理由から街道を外れて陣屋を反時計回りに迂回したために「東から来た」ことになったと思うのです。
 
  そこを踏まえ越谷道は越谷宿から、千住道は千住宿から来たと仮定してみます。また、当時の旅は宿場から宿場への移動なので、それぞれどこの宿場に向かおうとしていたのか考えてみます。
 
越谷宿から
越谷宿から赤山陣屋までは7.2km。女性の足で時速3.5kmとすると2時間ちょっと。暗くなって道に迷って遭難したとすると、当日の日没が18時過ぎなので、16時前後に越谷宿を出立したことになります。(この時刻に宿場を出立するとは考えにくいが)この時間からの旅程を考えると、鳩ケ谷宿での宿泊を想定するのではないでしょうか?大門宿では遠すぎて日没に間に合いません。そして陣屋の門を避けるか、閉まっていたとしても、鳩ケ谷宿は南西にあるので、千住道を南下して草加道から鳩ケ谷宿に向かうのが妥当だと思います。もっとも、大門宿を目指していて、想定外の事情により遅れたのだとすれば別ですが。
千住宿から
千住宿から赤山陣屋までは14km。女性の足で約4時間。陣屋で日没を迎えたとすると、と遅くとも14時には千住を出立します。この旅程でもやはり鳩ケ谷宿を目指すのが妥当ですが、途中2か所、鳩ケ谷に向かう道がありながら、そのまま北上していることから、大門宿を目指していて、何かの理由で遅れてしまい、陣屋の門に阻まれて迂回したのかもしれません。
  
  以上のことから、越谷から来たとしても千住から来たとしても鳩ケ谷宿を目指していないことがわかります。お女郎たちはもともと赤山街道をたどって日光御成道を北へ、あるいは赤山街道大宮道を西へ行きたかったのではないでしょうか?
次回、地元の人たちはそれをどう考えていたのか?100年ぐらい前に書かれた文献をもとに考えてみたいと思います。

次号に続く。

 

2017年11月3日金曜日

開園50周年。グリーンセンターで神根野菜の直売

今日から1か月。土日祝と10日の市民の日、14日の県民の日にグリーンセンターで神根野菜の直売を行います。
場所は正門を入って右手。時間は10時~売切れるまで。

里芋、大根、しょうが、芋がら、白菜、柿など。採れたての地場野菜を売っています。今日は開店するなりお客さんが殺到。すぐに売り切れました。明日は収穫に専念して、明後日にまた出します。フェスタが台風で潰れた分、リベンジしたい思いがあります。
 
グリーンセンター開園50周年イベント
 ご存知の通りグリーンセンターは開園50周年を迎えており、今月は様々なイベントを行っています。この機会に今一度グリーンセンターを見直しましょう。
正門前にはロードトレイン発着場があります。わんぱく広場以外をぐるりと回ります。1周200円。安い! 11日を除く土日祝日運行。
花壇広場。秋の日に照らされて一段ときれいに見えます。
こちらは菊花展
 
キッチンカーがいくつか来ています
観賞温室ではラン特別展が。すご~くいい匂いがします。
 シャトー赤柴では50周年記念の特別展として、昭和42年の埼玉国体の時に天皇皇后両陛下(当時皇太子皇太子妃)が泊まった貴賓室が公開されています。これは必見です。また、「私のグリーンセンター作品展」も行われています。
中庭ではコンサートも。
シャトー赤柴の北側の 茶室では茶会をやっています。
今日はお琴の演奏をやっていました。やはり「和」は落ち着きますな。
 
詳しくはグリーンセンターのホームページにて↓
 
川口市立グリーンセンターホームページ
 
 

2017年10月28日土曜日

第6回バスツアー「東京散歩」参加者募集!

柴又駅前の寅さん像
 
 今年もバスツアーの季節がやってきました。バスツアーも6回目ということで、今回は特別編として、歴史を絡めず、純粋に観光にしてみました。東京の名所と晩秋の色彩を楽しめるツアーですので、どなたでも気軽にお申込みしてください。
 
チラシ表

チラシ裏
 

実施日 12月2日(土)
出発   新井宿駅ロータリー 8時30分
定員   40名
参加費 7300円
 
申込方法
参加者の名前、年齢、住所、電話番号を明記の上、当会HPのお問い合わせホーム、またはFAXでお申し込み。または下記申込用紙を記入の上封筒にて下記住所に郵送してください。追って受付の連絡をさせていただき、「参加費振込」のご案内をさせて
いただきます。

当会ホームページのお問い合わせホーム

FAX 048-281-9939(リカベル)

郵送先 〒333-0833 川口市西新井宿362リカベル バスツアー係

当会ホームページではチラシのPDFがダウンロードできます。
第6回バスツアー「東京散歩」
http://araijuku2011.jp/1253-2/
 
*申し込みは参加費振込をもって完了となります。
*振込手数料は自己負担でお願いします。
*キャンセルの場合は11月25日までにお願いします。当日キャンセルの場合は返金
 できませんので、予めご了承ください。
*定員になり次第受付終了とさせていただきます。
 
内容
受付8:00→出発8:30→9:10柴又(自由散策)10:50→11:40船の科学館(宗谷丸見学)12:10→12:20豊洲ダイニングフクロウ(昼食)13:20東京ゲートブリッジを経由14:20都立潮風公園14:50→15:15神宮外苑銀杏並木(自由散策)16:05→16:20東京タワー17:20→17:30築地場外市場(寿司屋巡り)18:20→19:10新井宿駅ロータリー
旅のガイド
 
柴又
旅のはじめは葛飾柴又。寅次郎と桜がお出迎えです。ここで1時間40分の自由散策です。

帝釈天の参道。団子を食べてお土産を買いましょう。とらやのモデルになった団子屋があります。

あちこちに寅さんを見かけます。

帝釈天で産湯を浸かり~。の二天門。

こちらは寅さん記念館の「とらや」のセット。

寅さん記念館の隣にある山本亭。大正建築の登録文化財。
山本亭では居間で甘味を頂ける。和風庭園が美しい。
宗谷丸
 
柴又を後にして東京港を目指します。
船の科学館の南極観測船宗谷丸を見学します。 
宗谷丸の内部は狭く、各船室にはマネキンが置かれ、当時の様子を再現しています。
 
ランチ

お昼は豊洲ダイニングフクロウ。晴海通りを見下ろせるオシャレなレストラン。

イタリアンのコースです。どんなのが出るかは当日に行ってみないとわかりませんが、例として、「新鮮サラダ、鮮魚3種のカルパッチョ、魚介のフリット4種盛り合わせキマグレピッツァ、地鶏のマスタードパン粉焼きデミグラスソース焼き立てパン、コーヒーor紅茶」という感じです。
 
東京港ビュードライブ 
食後は豊洲から新木場、若洲公園、東京ベイブリッジを通り都立潮風公園までドライブ。約50分。東京港の雄大な景色を楽しめます。

銀杏並木

ドライブと潮風公園で十分体を休めたら、お散歩とお茶の時間です。
明治神宮外苑の銀杏並木。東京の銀杏といえばここでしょう。

夏に撮ったので緑ですが、これが上も下も黄色く染まります。
 

並木沿いにはオシャレなオープンカフェがそこかしこにあります。ゆっくりとお茶するのもよいでしょう。また、いちょう祭りも開催中なので、屋台グルメをつまむのもいいです。
当日はこんな感じになると思います。
 
東京タワー
 
銀杏並木を後にして、バスで10分ほどの東京タワーへ。
ポピュラーなスポットですが、だからこそ外せない。スカイツリーは高いし。
 大展望台より。当日の日没は16時28分。その時間に着くようにしていますので、サンセット&夕暮れ&夜景を鑑賞します。
カフェもあります。フットタウンではフードコート、お土産屋が充実しているので、滞在時間1時間でも短いぐらい。 
出るころには巨大なイルミネーションツリーが見られます。
 
築地(寿司屋巡り)
 
旅の締めくくりは夜の築地場外市場。寿司屋しかやっていませんが、まさにそれが目的です。
築地場外市場。早朝から始めて午前中には閉まってしまいます。

しかし寿司屋はほとんどの店が夜遅くまで営業していて、24時間の店も珍しくありません。寿司の不夜城です。

すしざんまいのまぐろ3種。さすがに味が違います。夕食は寿司屋をはしごするも良し、お目当ての店でおまかせをするのも良し、とそれぞれに堪能してください。ただし自己負担で。
 
帰着は19時10分の予定です。